安全な経営にサイバーセキュリティ対策は必須

企業が経営を行うにあたってITは切り離せない役割を担います。重要な情報のほとんどが何らかのサーバー上にある限り、サイバーセキュリティ対策は必須です。特に個人情報を取り扱う場合、一度でも漏洩してしまうと信用問題にかかわり、経済的にも社会的にも損失を取り戻すのは安易なことではありません。

企業でサイバーセキュリティー対策が求められる理由

女性

情報がサーバー上にある

企業の情報のほとんどはサーバー上にあり、不正アクセスによってそのデータが漏洩すると大きな問題となります。
機密情報が漏洩すれば今後の事業継続が危うくなり、個人情報が流出すればその後の対応で多くの時間とコストがかかります。同時に信用まで失います。万が一の攻撃時に被害を最小限にするためにも対策が必要です。

踏み台になることを防ぐ

不正アクセスしたサーバーを踏み台にして、別のサーバーに対して攻撃を仕掛けるのは攻撃者の身分を偽る上でよく使われます。セキュリティの甘いところが踏み台にされることがほとんどです。踏み台にされたサーバーの企業は何もしていませんが攻撃の責任を問われることがあります。不要なトラブルを避けるには踏み台にならないだけの防御策を打ちましょう。

被害を拡散させない

特定のサイトを訪問した際に、ウイルスソフトが勝手にダウンロードされることや、特定のボタンを押した際に勝手にPC内の情報を送信してしまう攻撃はよくあります。このWEBサイトが自社のものだった場合、WEBサイトを訪問した顧客に損害をもたらしてしまいます。自社のWEBサイトが攻撃の根源とならないように監視や防御態勢を整えましょう。

サイバーセキュリティーのセミナーも実施されている

セキュリティ対策に関するセミナーは各所で行われています。多くはサイバーセキュリティ対策ソフトのベンダが開催していますが最新動向がクローズアップされたり、実際の対策事例を聞けたりと得られる情報の価値は大きいです。

サイバーセキュリティ対策のプロに依頼して万全の対策をしよう

男性

社員のサイバーセキュリティ教育も大切

技術的に万全の対策を打っても日常的にシステムを使う社員が重要性を理解していないと人的ミスによる攻撃を受けかねません。不審なメールはあけないことやパスワードを厳重に管理することなど行えることは身近なことばかりです。持ち帰ったパソコンを盗まれるなど物理的な被害が起きやすいのも社員起因のインシデントの特徴なので日頃の言動の改善や意識改革をしっかり行いましょう。せっかく費用をかけた対策が人間のミスで台無しになってはもったいないでしょう。

サイバーセキュリティ

困った時はサイバーセキュリティの専門家に相談しよう

どこから着手したらいいかわからないなら専門家を頼りましょう。リスクの洗い出しから具体的な対策までしっかりとサポートしてくれます。セキュリティリスクを放置するわけにはいかないので恒久対応が完了するまでの暫定対応も必要になります。暫定対応案や恒久対応の順番は専門の知識がないと決められないところです。方向性が不明確なまま社内のリソースを消費するよりは同じだけの金額を専門家への相談費用にしてしまう方が効果的です。